初めての大手術 2005年9月11日~


別の件で病院へ行ったのですが、先生は「それよりも背中にある腫瘍の方が心配だ」と言われてビックリ!
てっきり脂肪だと思っていたのに・・・
もしかしたら筋肉に入っていて大手術になるかも知れないからと・・・
楽しみにしていたOFF会がせまっていたので悩みましたが、「今の状態での旅行は止めたほうがいい」と言われ即日に手術をお願いしました。
翌朝、手術が無事8時過ぎに終わったとの電話をもらい一安心。
お昼に面会の電話を入れるとたいした傷口ではないので夕方には退院できると。本当は病院で食事が取れるかを確認してからの予定でしたが、もなが精神的に不安定な状態だった為急遽3時頃の退院となりました。
傷口が痛むのかこんなおとなしいもなは初めてで、とにかく薬を無理やり飲ませ休ませることに・・・・
帰ってから3日間は一度も水は飲まず、食事も食べてくれなかったので夜に点滴に連れて行き夜中に迎えに行く状態。
3日目には黄疸も出て再びレントゲン・超音波の検査、もなにとってはとても辛い辛い一週間であったでしょう。
病理検査結果は上皮腫の良性という事で取ってしまえば問題はないと言われ一安心でした。
後は利胆剤の薬を飲みながら3ヵ月後にドッグを受けて問題がなければとりあえず終了なります。

背中に握り拳ぐらいの腫瘍が見つかり出来るだけ早く手術をして取った方がいいと言われ急遽手術することに。
なんと術後7時間後には退院!
結局丸3日間飲まず、食わずで夜に点滴に通い寝ずの看病。もなは痛いらしく一日中クークーと泣き、寝ることも出来ない様。どうしたらいいかわからずただただ心配の毎日。 痛みとカラーのせいでだいぶストレスが溜まっている様子。4日目の朝より自分で食事・水飲みが出来るようになる。
ただ薬は飲んでくれず旦那の指をカッブと噛みごらんの状態
夜には大好きな梨を食べれるぐらいに食欲も戻り一安心(^○^) 鎮痛剤を貼ったいる所が真っ赤になり、使用期限が切れるのを待って病院へ 病院で首に入っていた点滴のチューブを抜いてもらい少し元気になったもなです。
11日目には背中の傷も気にならないようでご覧のようにグッスリとお休み中。 この頃にはカラーにも慣れ、階段の昇り降りも出来るように。なんせ31kgの巨体を抱いてはこちらが辛い。 術後2週間で抜糸が出来ました。カラーの方は後3日で外していいと。
体力がまだ戻らず疲れてしまったようでグッスリとお休み中。 めいと並んでお休み中 1日早いけれどカラー外しちゃいました。
ブラッシング前のもな。
カラーが外れてスッキリ。気持ちいい~後はブラッシングのみ 1時間かけて首周りのブラッシングが 終了!疲れたよ~。 すご~い毛球でした。